読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vimのプラグイン管理ツールNeoBundleをいれた。

 vim使いになるために奮闘しています。vim使いになるためにvimのプラグインを入れようと思ったのですが、どうせたくさん入れるなら管理ツールいれたほうが楽だよね?ということでプラグイン管理ツールをいれてみることにしました。

どうやら、プラグイン管理ツールは様々あるようみたいですが、Vundle、NeoBundleなどなど

今回は、特に理由はないですが、NeoBundleを使いことにしました。


インストール


インストールはここをコピペいや、リスペクトしました。とても参考になりました。
NeoBundleの導入 #Vim #Vundle #neobundle - Qiita

このコマンドを実行します。

mkdir -p ~/.vim/bundle
git clone https://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim
git clone https://github.com/Shougo/vimproc ~/.vim/bundle/vimproc

次に.vimrcに以下の分を追記。

set nocompatible               " be iMproved
filetype off


if has('vim_starting')
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim
  call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))
endif
" originalrepos on github
NeoBundle 'Shougo/neobundle.vim'
NeoBundle 'Shougo/vimproc'
NeoBundle 'VimClojure'
NeoBundle 'Shougo/vimshell'
NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
NeoBundle 'Shougo/neocomplcache'
NeoBundle 'Shougo/neocomplcache-snippets-complete'
NeoBundle 'jpalardy/vim-slime'
NeoBundle 'scrooloose/syntastic'
""NeoBundle 'https://bitbucket.org/kovisoft/slimv'

filetype plugin indent on     " required!
filetype indent on
syntax on

これでインストール完了したはずですので、使い方について紹介します。

使い方


.vimrc上のNeoBundleがたくさん書いてある場所に続いて以下のコードを追記するといいです。

NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'

ここでは例としてNERDTreeプラグインをインストールする例を書いています。
この''内の書き方はgithubのアドレスと対応しているようです。
例えば、NERDTreeのgithubのURLは「https://github.com/scrooloose/nerdtree」です。その際の.vimrcへの記述は「NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'」という書き方になります。
つまり、https://github/を除いた部分を書くといいようです。


vimを使用中にコマンドモードで以下のコマンドを実行します。

:NeoBundleInstall

これで.vimrcに記述したプラグインがインストールされていきます。

プラグイン管理ツールを初めて使いましたが、便利ですね!vimはカスタマイズしていくと、プラグインが膨大になる気がするので、そういった際に威力を発揮しそうですね!

ということで、vimのプラグイン管理ツールの紹介でした。