読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Railsでプラグイン「devise」を使って、認証機能を実装する。

大抵のWebアプリケーションには認証機能があると思います。そんな一般的な機能の1つである認証機能を簡単に実装するステキなプラグインがありました。「devise」ってやつです。これを使うと、認証機能、パスワード再発行機能、自動ログイン機能、ユーザ登録機能など様々な機能が簡単に実装できるようです。これの使い方を載せていきたいと思います。

導入


gemfileに以下の文を記述します。

gem 'devise'

次に以下のコマンドを実施します。

bundle install

これで準備は完了です。

使い方


deviseプラグインで利用するために初期化ファイルと翻訳ファイルを生成されます。

rails g devise:install

これでログイン、パスワード問い合わせ画面などを生成されます。

rails g devise:views

ユーザ情報操作のためのモデルクラスとマイグレーションファイルが生成されます。この場合は、userテーブルで認証するような指定です。

rails g devise user

マイグレーションを実行する。

rake db:migrate

これで基本的な機能(ログイン機能、パスワード再発行機能、ユーザ登録機能、自動ログイン機能)は実装されているはずです。