読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何者読んだ

悲劇
朝井リョウ氏作の「何者」読んだ。

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)



就活生のお話しなんだけど、別に就活生だけじゃなくてすべての人に当てはまる話だった。

最後のラストスパートのところは読み物として圧巻

何か不細工な形でも行動し続ける人と傍観者で人を観察・分析するだけの人。

常に前者でありたいし、どんなアウトプットでも恐れずしていきたいなあと思いました。

ということでがんばるぞい!