読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタプログラミングRuby読んだ

メタプログラミングRuby

メタプログラミングRuby

Rubyメタプログラミングをする方法やメタプログラミングをする上で必要な知識について書かれている。内容は難しいが、進め方がメンターであるビルとストーリ風に進んでいくので親しみやすいく読み進めていける。目次はこんな感じ。

目次

感想

今までのあやふやなオブジェクト指向Rubyオブジェクト指向の違いに戸惑いながらもワクワクしながら読み進められた。第1部で概念の説明、第2部でActiveRecordのコードを使った解説もされているので、具体的にどういう場面で使えばいいのかイメージが湧きやすいのがよかった。ただ、内容が難しくクラス定義の部分がまだ曖昧な理解なので、繰り返し読む必要がありそう。

この本を読んでからgemのコードの理解が進むようになった。今までならこれどうなってるんだろ?と戸惑い理解できなかった部分がわかるようになってきた。一人でオレオレgemを作っているのだけれど、メタプログラミングRubyで学んだ知識が活かせていて、本を読むだけでなく手を動かしているので理解が進んでいるのでオススメ。

始めは英語版(Ruby2対応)を読んでいたのだが、あまり進まなかったので日本語版に切り替えて読んでた。今度読むときは英語版を読もう。。