読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーンスタートアップ読了

こんにちは。

IT業界では有名なリーンスタートアップを読了しました。3部は途中自分が現在求めていない部分だったので、読み飛ばしました。

リーン・スタートアップ  ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

リーン・スタートアップ ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

最近はどうすれば使われるサービスを作ることができるのか?と考えてきたのですが、これにその方法論みたなものも書いてあり、Webサービスをつくる際に取り入れれば、いいものができそうと思い、ワクワクしてます。

過去にWEB+DBでリーンスタートアップ特集を読んだのですが、本家を読むことで理解した、思い出した部分もあり、読んで良かったです。

WEB+DB PRESS Vol.68

WEB+DB PRESS Vol.68

  • 作者: 名村卓,三宅陽一郎,小野修司,中島聡,森田創,小飼弾,田籠聡,天野祐介,cho45,大和田純,白土慧,勝間亮,石田忠司,牧本慎平,A-Listers,近藤宇智朗,はまちや2,mala,じゅんいち☆かとう,WEB+DB PRESS編集部
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2012/04/24
  • メディア: 大型本
  • 購入: 4人 クリック: 189回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る

しかし、文章は長くて、もう少し簡潔になればいいのにとも思いました。まあ、豊富な事例を使っていて具体的に仮説設定、検証、ピボットの方法をイメージできてよかったかな。

この本で主張してる点はいくつかありますが、要約すると以下の様なことだと思います。

  • 小さく始めろ(MVP)
  • 構築・計測・学習のフィードバック・ループを回せ、はやくはやくはやく!!!
  • 構築ではユーザにどんな価値を提供できるかを示す価値仮説、ユーザがサービスをどう捉えるかを示す成長仮説を設定する
  • 計測では、いわゆるA/Bテストやコホート分析を活用して、成長仮説などを元に評価指標を決定して、グループごとの値を計測
  • 学習では計測を元に今後の方針を決定。今までの方針でいくか、仮説の再設定や戦略の転換などを行う

リーンスタートアップと同じような手法について書いてあるユーザ中心ウェブビジネス戦略もオススメです。こちらはより具体的に方法論が書かてれいるので、読んでみてください。

ユーザ中心ウェブビジネス戦略

ユーザ中心ウェブビジネス戦略

次はこの本を読んでみよう。

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

では、またー