読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SlimでHello world

PHP Slim

最近マイクロフレームワークが流行ってますね。 私はSinastra触ってWebアプリつくりましたが、ページ数が少ないWebアプリならこれで十分だと思いました。 RubyだとSinatraデファクトスタンダードな印象ですが、PHPだとSlimかSilexなんでしょうか?

GitHubのstar数を見ると(2013/9/14現在)、Slimが2726、Silexが1779でSlimのほうが多いです。

f:id:azuki_mihomiho:20130914232535p:plain

f:id:azuki_mihomiho:20130914232551p:plain

ということで、Slimを使ってみることにしました笑

初めてなので、恒例のHello worldまでやってみます。

インストール

Slimのインストールの前にComposerをインストールします。任意のディレクトリで以下のコマンドを実行します。

$ curl -s https://getcomposer.org/installer | php
Composer successfully installed to: /var/www/html/slim/composer.phar

$ vim composer.json
##以下を記述##
{
    "require": {
        "slim/slim": "2.*"
    }
}

$ php composer.phar install

Hello worldまで

index.phpに以下を記述します。

<?php
//index.php
//Slimをロード
 require 'vendor/autoload.php';
  
 $app = new \Slim\Slim(array(
 ));
 
 
 //ルーティング設定
 $app->get('/hello/:name',function ($name) {
     echo "Hello, $name";
 });
 
 $app->run();

これで、index.php/hello/testでアクセスすると、Hello, testってテキストが出てきます。

index.phpが出てくるのが気持ち悪いですが、最初なのでひとまずこれで終わりです。

ほかにも色々できそうです。

例えば、 Slimと組み合わせて、php用O/Rマッパのphp.activerecordを使えば、すぐに簡単なWebアプリならつくれそうですね http://www.phpactiverecord.org/

他には SlimとPHPActiveRecord、Twig(V)、Twitter Bootstrapをパッケージしたものがあるので、それを使っても面白そうです。 https://github.com/Tieno/SlimPackage